アルバイトにおすすめ出来るクレジットカードを紹介

アルバイトでも正しくカードを選び、きちんと申し込みをすればクレジットカードを作ることはできます。

なぜなら、最近ではアルバイトが増加傾向にあるので、クレジットカード会社としてもアルバイトを無視することができないからです。

ただ、アルバイトは一般にクレジットカードを作りにくいと言われています。

アルバイトは正社員と比較した際にボーナスがないなどで年収が低くなってしまいがちなので、カード会社としても慎重になります。

しかし、年収が低いからといってクレジットカードが作れないわけではありません。

一般的にフリーター・アルバイトも年収が200万円以上あれば、ほとんどの一般カードを作ることができます。

仮に200万円なかったとしても『楽天カード』などの審査基準が比較的易しいカードであれば問題なくクレジットカードを作れる可能性は高いのです。

アルバイトがクレジットカードを作りにくいのは年収の問題だけではありません。クレジットカード会社は安定した収入が見込めないことも気にします。

例えば、フリーターは正社員と比較した際にいつ辞めてしまうかわからないというリスクを抱えています。

急に職を失うことで返済が滞ってしまうことをクレジットカード会社は恐れるのです。

アルバイトにおすすめのクレジットカード

アルバイトでも過去の利用実績などに問題がなければ、以下のクレジットカードは作れる可能性が高いのです。

アルバイトにおすすめのカードは以下の4枚です。

楽天カード

日本で8秒に1枚作られているクレジットカード

エポスカード

マルイをよく利用する人にオススメ

イオンカード

年会費無料のカードで、流通系のクレジットカードなのでアルバイトでも非常に作りやすいです

主婦の方が使うことを前提としているカードなので、パートをしている主婦の方に特におすすめです。

ポイント還元率は0.5%ですが、イオンでポイントがお得にたまったり、20日と30日は会計から5%オフになったりなど普段からイオンを使う方には非常にお得です。

マジカルクラブTカードJCB

月3万円以上の利用でTポイントが1%貯まる

『マジカルクラブTカードJCB』は通販会社のニッセンのグループ会社が発行している年会費無料のカードで、流通系のクレジットカードなのでアルバイトの方でも比較的作りやすいです

通販を利用することが多い女性層をターゲットにしているカードなので、幅広い年齢層の女性の方に特におすすめです。

ポイント還元率は0.5%ですが、使い勝手の良いTポイントが貯まることに加えて、月3万円以上の利用で2倍になり1%のTポイントが貯まるので、Tポイント提携先のお店やサービスをよく使う方には非常にお得なのです。

アルバイトがクレジットカードを作る上で気をつけておきたいこと

二~三社くらいに申し込みをしたら、その審査結果がでるまで、むやみに他の会社に申し込みをしないようにしましょう。

慌てあちらこちらに申し込みをしていると良いことなんか一つもありません。

(逆に言えば、過去半年に一切申し込みをしていないのであれば、2~3社くらいならさして影響はありません。)

個人信用情報機関に致命的なネガティブ情報がついている方(少なくとも過去5年以内に異動がついている方、他社で多くの延滞がある方)はおやめ下さい。

その状態ではどんなカードでもほぼ間違いなく作れないです。(最下部で紹介しているデビットカードは除く)

審査は時の運もあります。思い通りいかなくても、怒らないで粘り強くく ご自身の冷静に判断し交渉していきましょう。

勤務先の電話番号欄には実際に働いている部署や店舗の連絡先を記入して下さい。

勤務先の本社や他部署の番号を記入すると、在籍確認がスムーズに行われないで審査に落ちてしまう可能性があります。

この場合には、在籍確認の電話は本社や他部署に連絡されてしまうのです。

多くの場合、本社や他部署の方は、アルバイトの存在を把握していません。

そのために、カード会社からの電話で申込者が在籍しているかを確認された場合においては、そのような人間はいないと伝えられる可能性があります。

この場合、在籍確認が完了しないで審査において信用力を低く評価されてしまうのです。

申込者の存在を把握している方がカード会社からの電話を対応した場合においては、上記のような問題を防ぐことができます。

スムーズに在籍確認が完了するために、審査の通過率も上がります。

最も勤務歴が長い職場を勤務先として申告する

アルバイトを複数掛け持ちして勤務しているフリーターは、最も勤務年数が長い職場を勤務先として記入して下さい。

在籍確認においては、申込時に申告した職場で働いているかのチェックのみ行います。

在籍のみ確認できれば、申込者の勤続年数を勤務先に尋ねることはありません。

そのため、クレジットカードの審査において、勤続年数の調査は申し込み者の申告を基準に行われます。

虚偽報告をせず、かつ審査通過率を上げるためにも、最も勤務年数が長い職場を勤務先として申告しましょう。

他のクレジットカードについてもご覧になりたい方は、下記サイトをご覧ください。
>>おすすめのクレジットカード辞典!作って使って最高のクレカを探せ

まとめ

アルバイトの方におすすめなカードは以下4枚です。

楽天カード』:日本で8秒に1枚作られているクレジットカード

エポスカード』:マルイをよく利用する人にオススメ

イオン系列カード』:イオンでお得、主婦の味方

マジカルクラブTカードJCB』:月3万円以上の利用でTポイントが1%貯まる